• ohtashmtac

中国語の勉強方法(その4)

最終更新: 3月21日

 私太田は上海MTACの業務とは別に、マンツーマン指導に特化した中国語教室を運営しています。本日新たに加入された生徒さんから、中国語はどのくらいの頻度で勉強したら良いのか質問がありました。


 中国語講師により意見は様々だと思いますが、私見としては先ず中国語が難しい言語であることや自分の経験から重視しているのが『発音(特に母音)』の習得であることから、社会人が仕事後に通うのであれば「無理はしないこと」、ゆっくり時間をかけて体や脳に染み込ませていく方法を推奨しています。


 短期間での習得であれば受験勉強のように期限を決めて中国語をひたすら勉強する方法が効果的ですが、そうでなく趣味や今後のためを考えてのことであれば自然反射的に中国語が出てくるように体や脳に染み込ませていく方法の方が無理なく続けられるからです。


 私は無理をさせたことにより生徒さんが中国語の勉強を負担に感じるようになるのが怖いです。なぜなら中国語を嫌いになり勉強をやめてしまったのでは、せっかくの勉強時間が無駄になってしまうからです。


 生徒さんにも話しましたが、最も効率的で効果的な勉強方法は日本人のいない場所に留学し中国語だけを話すことです。しかしながら、自分がそのような経験をしたことがあり習得スピードは確かに速かったですが、相応の孤独やストレスを非常に感じました。そのため、人にもよりますが、この方法は一長一短かなと思います。


 結論としては、無理なく勉強をすることで、自発的に中国語を教室以外でも勉強したいと思うようになり、中国語を普段の生活に取り入れられるようになるのがベストです。

 普段の生活に取り入れると言っても、音楽を聴く替わりに中国語をたまには聴く、動画を視聴するときに中国語の動画の方をたまには視聴するくらいのことで十分に効果的です。


【中国語の勉強方法シリーズ】

その1

その2

その3

その4

その5

その6

その7

その8

その9

その10

その11



0回の閲覧

© 2019 慧夢拓(上海)企業管理諮詢有限公司 

上海オフィス(提携先事務所)
 
住所:上海市嘉定区江橋鎮万達広場8号オフィス棟