• ohtashmtac

【優遇政策】新型コロナの防疫に係る税収優遇政策まとめ①(参考訳)

最終更新: 8月18日


新型コロナの防疫活動に関し「防護救援支援・物資供給支援・公益寄付奨励・操業再開支援」の4方面計12項の優遇政策が公布されています。

今回国家税務総局が総括を公表していましたので、5回に分けて参考訳を掲載いたします。今回は初回になります。

当HPでは数回に渡り同様の優遇政策を掲載しているため重複する部分もあるかと思いますがどうぞご了承ください。

関連記事:

【優遇政策】新型コロナの防疫に係る税収優遇政策まとめ②

【優遇政策】新型コロナの防疫に係る税収優遇政策まとめ③

【優遇政策】新型コロナの防疫に係る税収優遇政策まとめ④

【優遇政策】新型コロナの防疫に係る税収優遇政策まとめ⑤

一、防護救援支援


(1)政府規定の基準に基づき取得する臨時性の業務手当や報奨金を対象に、個人所得税を免除する。


【享受対象】

防疫活動に参加する医療従事者及び防疫作業従事者


【優遇政策内容】

2020年1月1日から、防疫活動に参加する医療従事者及び防疫作業従事者が政府規定の基準に基づき取得する臨時性の業務手当や報奨金を対象に、個人所得税を免除する。


政府規定の基準は各級政府規定の手当や報奨金基準を含む。


省級以上の人民政府が規定する防疫活動従事者に対する臨時性の業務手当や報奨金に対しても、参考実施する。


上述の優遇政策の適用期限は新型コロナの状況を鑑みてから別途公告する。


【政策根拠】

新型コロナウイルス感染症の防疫支援に係る個人所得税政策に関する公告』(2020年第10号)



(2)企業(事業単位)から個人への新型コロナ感染予防のために用いる医薬品・医療用品や防護用品等の現物(現金は含まない)支給は、給与賃金に計上しず、個人所得税を免除とする。


【享受対象】

企業(事業単位)から新型コロナ感染予防のために用いる医薬品・医療用品や防護用品等の現物(現金含まず)支給を受けた個人


【優遇政策内容】

2020年1月から、企業(事業単位)が個人に新型肺炎予防のために用いる医薬品・医療用品や防護用品等の現物(現金は含まない)は、給与賃金に計上しず、個人所得税を免除とする。


上述の優遇政策の適用期限は新型コロナの状況を鑑みてから別途公告する。


【政策根拠】

新型コロナウイルス感染症の防疫支援に係る個人所得税政策に関する公告』(2020年第10号)


総括

【顧問サービスのご案内】 弊社では以下顧問サービスをしています。

●月次での記帳代行

●毎月記帳証票と会計データを日本事務所に郵送して頂き、日本事務所内でのチェック

●弊社日本人担当者が3か月に1回訪中し、顧問先様の社内での記帳証票等の往査

顧問先様のご要望にあわせてサービス内容を柔軟にカスタマイズいたします。

サービスの詳細料金の確認はこちらまでご連絡ください。

メールアドレス:ohta.shmtac@gmail.com

〇対個人サービス

日本での決済が便利なココナラを通してご相談いただくことをお勧めいたします。

© 2019 慧夢拓(上海)企業管理諮詢有限公司 

上海オフィス(提携先事務所)
 
住所:上海市嘉定区江橋鎮万達広場8号オフィス棟