中国会計・税務講座Vol.11【国家企業信用情報公示システム】

最終更新: 2日前

上海MTAC代表、中国販路拡大コンサルタントの太田早紀です。



中国ビジネスでは、中国語でのコミュニケーションができることの他に、中国人のビジネススタイルや中国社会の慣習についての理解が重要になります。

そこで弊社では、中国語でのコミュニケーションができることに加えて、中国人のビジネススタイルや中国社会の慣習について理解できることを目標にシンプルな教材を作成し展開しております。



モットーは、

‟ココさえ押さえておけば、中国駐在も、中国子会社の財務担当とのコミュニケーションも大丈夫!”です。





さて今回のレッスンは 、【国家企業信用情報公示システム】についてです。




国家企業信用情報公示システム(以下『公示システム』)では、内資企業・外資企業・個人事業主等を含む全組織の基本情報を誰でも無料で閲覧することができます。

基本情報は、統一社会信用コード・企業名・設立日・登録資本金・登記地・経営範囲・法定代表者や役員の氏名などです。

※ただし閲覧できる情報は前年度のものであり、当年度に変更があった場合は確認できません。


公示システムは市場監督管理総局(旧:工商行政管理総局)が管理しており、全組織に毎年6月30日までに基本情報の他に、前年度の財務状況や社会保険納付状況また従業員総数等の各情報を報告するよう義務付けています。

なお、報告者側の選択により基本情報を除く一部の情報を公示しないようにすることもできます。



国家企業信用情報公示システムのトップページ企業名・統一社会信用コード或いは登記番号を入力して検索します。



中国政府は各機関の情報の共有化を推進しているため、公示システムへの報告後、情報が関連機関に伝達されます。これより下記は企業側での報告業務が不要になりました。

連合年度検査・・税務局や統計局等の各機関へ基本情報や前年度の財務状況等を報告

外貨管理局年度検査・・外貨管理局へ国内直接投資情報を報告(※国外投資分は依然報告が必要)



中国語ではこんな風に言います。  



↓今月のレッスンを一纏めにしましたので、プリントアウトなどしてご利用ください♪

バックナンバーなどご希望の方は、弊社までご連絡いただければメールにてお送りさせていただきますので、ご遠慮なくお問い合わせください。


バックナンバーはこちらから♪

ビジネス中国語クラス

中国会計・税務講座Vol.1【発票】

中国会計・税務講座Vol.2【財務報表】

中国会計・税務講座Vol.3【損益計算書】

中国会計・税務講座Vol.4【貸借対照表】

中国会計・税務講座Vol.5【事業年度】

中国会計・税務講座Vol.6【企業所得税】

中国会計・税務講座Vol.7【個人所得税】

中国会計・税務講座Vol.8【増値税】

中国会計・税務講座Vol.9【費用】

中国会計・税務講座Vol.10【付加税】

中国会計・税務講座Vol.11【国家企業信用情報公示システム】

中国会計・税務講座Vol.12【確定申告(汇算清缴)】

中国会計税務講座Vol.11はTLI日本中国語センター様の全教室に掲示していただいております。中国語学習にご興味がある方はぜひTLI日本中国語センター様のホームページもご覧ください。


私たちは、中国語教育の専門家です。TLI(Taipei Language Institute)は、北京・上海・天津・台北・台中・高雄等に拠点を持つ中国語学校グループです。1997年3月に当グループに加盟したTLI日本中国語センターは、これまでに200におよぶ官公庁や企業にご利用いただいています。マンツーマンを中心に、グループレッスンや新人研修等、幅広いプログラムで中国語学習の様々なニーズにお答えしてきました。実績により培われたTLIメソッド「聞く」「話す」「会話する」なら、生きた中国語を短期間で勉強できます。


最新記事

すべて表示

© 2019 慧夢拓(上海)企業管理諮詢有限公司 

上海オフィス(提携先事務所)
住所:上海市嘉定区江橋鎮万達広場8号オフィス棟
  • Facebook
  • Twitter
TLIバナー.png