• ohtashmtac

中国会計・税務講座Vol.3【損益計算書】

最終更新: 2時間前

多くの駐在者の方が仰ることですが、話せないことにストレスを感じる以上に、

中国ビジネスに対してストレスを感じます。 中でも、駐在者は営業や技術出身者の方が多く、自分の専門分野以外にあたる財務会計などの対応もしないといけないことがありストレス度合いを高めることになっています。

そのようなことから、弊社上海MTACでは、

‟ココさえ押さえておけば、中国に駐在しても、中国子会社の財務担当との相談も大丈夫”

をモットーにシンプルな教材作成と紹介を行っています。

さて今月のレッスンは、『中国の損益計算書』です。



Lì rùn biǎo

利 润 表

(润は潤の簡体字)


損益計算書の意味で、日本同様に会社の利益を知るために作成する計算書類。

中国の会計制度に基づき作成されるため、フォームの一部が日本と異なります。今回のフォームは企業会計準則を使用しています。



各勘定科目の中国語、ピンイン、日本語訳は下記をご参考ください。

日本と異なる点は右側に記載しております。



中国語ではこんな風に言います。 


↓今月のレッスンを一纏めにしましたので、プリントアウトなどしてご利用ください♪

 バックナンバーなどご希望の方は、弊社までご連絡いただければメールにてお送りさせていただきますので、ご遠慮なくお問い合わせください。



バックナンバーはこちらから♪

中国会計・税務講座Vol.1【発票】

中国会計・税務講座Vol.2【財務報表】

中国会計・税務講座Vol.3【損益計算書】

中国会計・税務講座Vol.4【貸借対照表】

中国会計・税務講座Vol.5【事業年度】

中国会計・税務講座Vol.6【企業所得税】

中国会計・税務講座Vol.7【個人所得税】

中国会計・税務講座Vol.8【増値税】

中国会計・税務講座Vol.9【費用】




中国会計税務講座Vol.3はTLI日本中国語センター様の全教室に掲示していただいております。

中国語学習にご興味がある方はぜひTLI日本中国語センター様のホームページもご覧ください。


  私たちは、中国語教育の専門家です。TLI(Taipei Language Institute)は、北京・上海・天津・台北・台中・高雄等に拠点を持つ中国語学校グループです。1997年3月に当グループに加盟したTLI日本中国語センターは、これまでに200におよぶ官公庁や企業にご利用いただいています。マンツーマンを中心に、グループレッスンや新人研修等、幅広いプログラムで中国語学習の様々なニーズにお答えしてきました。実績により培われたTLIメソッド「聞く」「話す」「会話する」なら、生きた中国語を短期間で勉強できます。


© 2019 慧夢拓(上海)企業管理諮詢有限公司 

上海オフィス(提携先事務所)
 
住所:上海市嘉定区江橋鎮万達広場8号オフィス棟