【増値税】国内旅客運輸サービスの仕入増値税額控除①

更新日:2021年8月29日

中国販路拡大コンサルタントの太田早紀です。

当ブログでは中国の会計・税務・労務に関する規定や実務について解説しております。



当ブログをご覧の皆様におかれましては、中国の会計・税務・労務について知り、中国子会社の財務面のサポートや中国での販路拡大にお役立ていただけると幸いです。

 
【増値税】国内旅客運輸サービスの仕入増値税額控除①

 2019年4月1日より、増値税改革の一環として仕入増値税の控除範囲が拡大され、国内旅客運輸サービスも対象になりました。今回と次回の2回に分けて、どのサービスが対象となるのかについて発票のサンプルを用いて紹介いたします。対象とならない発票については、こちらのリンク先をご覧ください。



対象となる発票(仕入控除可能の国内旅客運輸サービス発票)について

① 増値税専用発票

→元から増値税専用発票は仕入控除が可能。



② 増値税電子普通発票

→従来より普通発票は仕入控除の対象ではないが、国内旅客運輸サービス発票に関しては仕入控除の対象へと変わった。ただし条件として、自社の会社名・納税者識別番号・税率・税額等が明記されていることが必須となる。なお明記された税額が仕入控除可能。



③ 「旅客の身分情報(氏名と身分証番号やパスポート番号)」の記載がある発票

※旅客は会社と雇用契約を締結した者、または会社に人材派遣会社から常駐派遣されている者が対象となる。

※旅客の身分情報は「氏名と身分証番号やパスポート番号」の両方が必要。


参考規定:【关于国内旅客運輸服務進項税抵扣等増値税征管問題的公告】 

【四川省人民政府網】




関連記事:

【増値税】国内旅客運輸サービスの仕入増値税額控除①

【増値税】国内旅客運輸サービスの仕入増値税額控除②

【増値税】国内旅客運輸サービスの仕入増値税額控除③

 

【顧問サービスのご案内】 弊社では各種顧問サービスを提供しております。

●月次での記帳代行

●毎月記帳証票と会計データを日本事務所に郵送して頂き、日本事務所内でのチェック

●弊社日本人担当者が3か月に1回訪中し、顧問先様の社内での記帳証票等の往査

顧問先様のご要望にあわせてサービス内容を柔軟にカスタマイズいたします。




閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示