【企業所得税】企業所得税率が実質5%になりました。

最終更新: 4月30日

※企業所得税とは日本の法人税に該当します。


関連記事:

【企業所得税】企業所得税率が実質2.5%になりました!

【blog】中国の法人税は『5%』!?【企業所得税】

【blog】中国の法人税は『5%』!?②【企業所得税】


対象期間:201911日から20211231日まで

対象企業:小規模企業(中国語で小型微利企业)

小規模企業とは下記4つの条件を満たす企業です。条件が緩いため中国進出した日系企業の多くが該当するかと思われます。

  ① 国家が制限や禁止をする事業に従事していない。

  ② 年間課税所得額が300万元を超えない。

  ③ 就労人数が300人を超えない。

  ④ 資産総額が5,000万元を超えない。






内容:企業所得税の大幅減税(優遇政策)

1) 年間課税所得額が100万元を超えない部分の税率は5%です。

規定では、年間課税所得額に25%を乗じて課税所得額を減らし、小規模企業の税率20%を乗じて納税額を算出する、となっています。

つまり、25%×20%=5%となり、実際の税率は5%になります。

 【例】年間課税所得額が95万元の場合、4.75万元が納付すべき税額です。

    95万元×25%×20%=4.75万元

    簡易式では、95万×5%=4.75万元


2) 年間課税所得額が100万元超から300万元を超えない部分の税率は10%です。

規定では、年間課税所得額に50%を乗じて課税所得額を減らし、小規模企業の税率20%を乗じて納税額を算出する、となっています。

つまり、50%×20%=10%となり、実際の税率は10%になります。

 【例】年間課税所得額が280万元の場合、23万元が納付すべき税額です。

    100万元×25%×20%=5万元

    180万元×50%×20%=18万元

    5万元+18万元=23万元

    簡易式では、(100万元×5%)+(180万元×10%)=23万元


規定:財政部税務総局 小規模企業の普恵性税収減免政策の実施に関する通知(財税【2019】13号)

国家税務総局 小規模企業の普恵性所得税減免政策の実施に関する関連問題の公告(国家税務総局公告2019年第2号)



当優遇政策の目的は、2019年が中華人民共和国が成立して70周年目となり、より一層政治的強化を図るためとのことです。


私見ですが、減税は中国企業や外資企業の活性化や中国投資の再燃化にもつながりますので、経済活動としてはとても良いことと思います。

【顧問サービスのご案内】 弊社では各種顧問サービスを提供しておりいます。

●月次での記帳代行

●毎月記帳証票と会計データを日本事務所に郵送して頂き、日本事務所内でのチェック

●弊社日本人担当者が3か月に1回訪中し、顧問先様の社内での記帳証票等の往査

顧問先様のご要望にあわせてサービス内容を柔軟にカスタマイズいたします。

お問い合わせはこちらまで。メールアドレス:ohta.shmtac@gmail.com