• ohtashmtac

【個人所得税】企業が一部の従業員のために購入する商業保険は個人所得税の課税対象

最終更新: 8月26日

企業が一部の従業員のために商業保険を購入する場合

下記の規定①より、企業が一部の従業員のために購入する商業保険は個人所得税の課税対象になります。これより税務上の処理は、企業が保険会社に支払った時に、従業員への手当の一種として給与に合算し個人所得税を算出、個人所得税を源泉徴収し納税します。


近年、企業が駐在員やその家族また現地採用職員のために中国国内の医療保険に加入するケースが増えています。企業が駐在員やその家族または現地採用職員のために中国国内の医療保険に加入する場合も同じく企業が従業員のために負担する商業保険に該当するため、個人所得税の課税対象になります。従って税務上の処理は、従業員への手当の一種として給与に合算し個人所得税を算出し、また個人所得税額を源泉徴収し納税します。



従業員個人が商業保険を購入する場合

下記の規定②③より、2017年7月1日から、従業員個人が規定に適合する商業健康保険を購入した場合、個人所得税の申告時に月額200元(年額2,400元)の控除を受けることが可能になりました。



企業が統一的に従業員のために商業保険を購入する場合

企業が統一的に従業員のために規定に適合する商業健康保険を購入する場合、各従業員の給与に合算し個人所得税を算出し納税しますが、別途従業員個人の購入とみなして個人所得税の申告時に月額200元(年額2,400元)の控除を受けることができます。


なお、企業が一部の従業員のために(例えば駐在員やその家族)商業健康保険を購入した場合は、規定に適合しないので、一部の従業員の給与に合算し個人所得税を算出納税するものの、別途従業員個人の購入とみなして個人所得税の申告時に月額200元(年額2,400元)の控除を受けることはできません。


個人所得税を個人負担ではなく企業負担として労働契約を結んでいる場合、企業のコストが増加しますし、個人負担として労働契約を結んでいる場合は個人の手取額に影響が出ますので、商業保険の購入をご検討の場合は、ご購入の前に税法規定をご確認することを推奨いたします。



規定:

 ①『国家税務総局 単位が従業員のために支払う保険関連の個人所得税納付に係る問題への回答』(国税函【2005】318号)

 ②『商業健康保険の個人所得税の試行拠点範囲を全国に拡大することに関する通知』(財税【2017】39号)

 ③『財政部 国家税務総局 保監会 商業健康保険に係る個人所得税政策の試行拠点工作の展開に関する通知』(財税【2015】56号)


関連記事:

【個人所得税】税額控除対象可能商業健康保険の判断材料


【顧問サービスのご案内】 弊社では以下顧問サービスをしています。

●月次での記帳代行

●毎月記帳証票と会計データを日本事務所に郵送して頂き、日本事務所内でのチェック

●弊社日本人担当者が3か月に1回訪中し、顧問先様の社内での記帳証票等の往査

顧問先様のご要望にあわせてサービス内容を柔軟にカスタマイズいたします。

サービスの詳細料金の確認はこちらまでご連絡ください。

メールアドレス:ohta.shmtac@gmail.com

〇対個人サービス

日本での決済が便利なココナラを通してご相談いただくことをお勧めいたします。

© 2019 慧夢拓(上海)企業管理諮詢有限公司 

上海オフィス(提携先事務所)
 
住所:上海市嘉定区江橋鎮万達広場8号オフィス棟