【上海市】2019年度の社会保険と住宅積立金の納付基数と料率

更新日:2021年8月30日

中国販路拡大コンサルタントの太田早紀です。

当ブログでは中国の会計・税務・労務に関する規定や実務について解説しております。



当ブログをご覧の皆様におかれましては、中国の会計・税務・労務について知り、中国子会社の財務面のサポートや中国での販路拡大にお役立ていただけると幸いです。

 
【上海市】2019年度の社会保険と住宅積立金の納付基数と料率


【社会保険】

社会保険の納付基数は毎年4月に調整されます。



社会保険の標準月額は、2019年4月の発表後、5月に調整のうえ再発表されました。

また企業負担の養老保険料率が20%から16%に調整されました。いずれも5月から適用されています。

上海市の新標準月額は、上限:24,633元、下限4,927元。



↓2020年2月10日修正いたしました(赤枠)。元々は0.16%だけにしてましたが、0.16%から1.52%と様々な数値パターンが散見されますので、上限の1.52%も掲載することにしました。


【住宅積立金】

住宅積立金の納付基数は2019年から毎年4月に調整されます。


住宅積立金の月次納付額は2019年4月の発表後、9月に月次納付額の上限額について調整のうえ再発表されました。2019年9月1日から適用されています。

上海市の月次納付額は労使合算で下記の通りです。

(旧)上限(2019年4月~8月まで)2,350~3,290元、

(新)上限(2019年9月~2020年3月まで)2,464元~3,448元


下限(2019年4月~2020年3月)242元~338元


参考:上海市住宅積立金網 http://m.shgjj.com/index.html

 

【顧問サービスのご案内】 弊社では各種顧問サービスを提供しております。

●月次での記帳代行

●毎月記帳証票と会計データを日本事務所に郵送して頂き、日本事務所内でのチェック

●弊社日本人担当者が3か月に1回訪中し、顧問先様の社内での記帳証票等の往査

顧問先様のご要望にあわせてサービス内容を柔軟にカスタマイズいたします。




閲覧数:419回0件のコメント

最新記事

すべて表示