• ohtashmtac

【個人所得税】納税後の変更点

最終更新: 5日前

 2019年9月4日の記事【個人所得税】納税オペレーションの変更にて、納税手続き時のオペレーションに変更かあったことをお伝えしています。


 今回は納税後の変更点についてです。オペレーションの変更ではなく、電子申告・納税システム自体の変更のため税務局側の変更になります。


 2019年7月の申告まではeTaxで納税した後、eTaxで納税控えを取得していました。2019年8月の申告からは個人所得税用の電子申告・納税システムを介するので、本システムで納税控えを取得します。



 納税控えを取得するのは、何らかの理由で納税つまり銀行引き落としがされないことがあります。考えられるのは銀行口座残高の不足であったり、企業や税務局側のネット環境の不具合であったりします。納税期限までに納税しないと1日につき納税額の0.05%の延滞税が課税されます。そうはならないように納税がされたかどうかを確認するために納税控えを取得します。

 

 とは言っても、システムが2つあることと今までの慣習から個人所得税の方の納税控え取得を失念し、最悪な状況としては納税漏れになる可能性もありますので注意が必要です。



←eTaxの納税控え

2019年7月の申告まではeTaxで納税した後、eTaxで納税控えを取得。





 














↓個人所得税用の電子申告・納税システムの納税控え。2019年8月の申告からはこちら。



顧問サービスのご案内】 弊社では以下顧問サービスをしています。

●月次での記帳代行

●毎月記帳証票と会計データを日本事務所に郵送して頂き、日本事務所内でのチェック

●弊社日本人担当者が3か月に1回訪中し、顧問先様の社内での記帳証票等の往査

顧問先様のご要望にあわせてサービス内容を柔軟にカスタマイズいたします。

サービスの詳細料金の確認はこちらまでご連絡ください。

メールアドレス:ohta.shmtac@gmail.com

〇対個人サービス

日本での決済が便利なココナラを通してご相談いただくことをお勧めいたします。

© 2019 慧夢拓(上海)企業管理諮詢有限公司 

上海オフィス(提携先事務所)
 
住所:上海市嘉定区江橋鎮万達広場8号オフィス棟