top of page

【参考訳】中国反スパイ法

上海MTACの太田です。

当ブログでは中国の会計・税務・労務に関する規定や実務について解説しております。


当ブログをご覧の皆様におかれましては、中国の会計・税務・労務について知り、中国子会社の財務面のサポートや中国での販路拡大にお役立ていただけると幸いです。

 
【参考訳】中国反スパイ法

 スパイ行為を取り締まる改正『反スパイ法』が2023年7月1日に施行されました。あいまいだと指摘されているスパイ行為の定義が拡大され、取締りのさらなる強化が懸念されています。本法は中国に駐在、出張、出向する日本人社員の身の安全にも関わるものであるので、今回は本法の参考訳を掲載いたします。ご参考になれば幸いです。

 


目次
第1章 総則
第2章 安全上の注意
第3章 調査と処置
第4章 保障と監督
第5章 法的責任
第6章 附則

第1章 総則

第一条 本法は憲法に基づき、スパイ対策を強化し、スパイ行為を防止し、阻止し、処罰し、国家の安全を守り、人民の利益を守るために制定する。


第二条 スパイ対策は、党中央委員会の集中的かつ統一的な指導を堅持し、全面的な国家安全保障の理念を堅持し、公開活動と秘密活動の結合を堅持し、専門的活動と大衆的活動の結合を堅持し、積極的な防衛を堅持し、法に基づく処罰を堅持し、症状と根本原因の両方を処理し、人民のために国家安全保障の堅固な防衛線を構築する。


第三条 スパイ対策は法律に基づいて遂行し、人権を尊重かつ擁護し、個人および機関の合法的な権益を保護しなければならない。


第四条 本法にいうスパイ行為とは、以下の行為をいう。

(一)スパイ組織およびその代理人による活動、または他者の指示もしくは資金提供によりその活動を行う者、または国内外の機関、組織もしくは個人がそれらと結託して遂行する中国の国家安全保障に危害を加える活動。


(二)スパイ組織に加わること、スパイ組織およびその代理人からの任務を引き受けること、またはスパイ組織およびその代理人に身を寄せること。


(三)スパイ組織およびその代理人による活動、または他者の指示もしくは資金提供によりその活動を行う者、または国内外の機関、組織もしくは個人がそれらと結託して遂行する窃盗、スパイ行為、買収行為、違法に国家機密、情報その他国家の安全保障と利益に関する文書、データ、情報または物品の提供を行うこと、または国家の職員の離反の扇動、誘導、強要または買収する行為。


(四)スパイ組織およびその代理人による活動、または他者の指示もしくは資金提供によりその活動を行う者、または国内外の機関、組織もしくは個人がそれらと結託して遂行する国家機関、機密部門、重要情報インフラ施設等に対するサイバー攻撃、侵入、妨害、統制、破壊工作等。


(五)敵のために攻撃目標を指示すること。


(六)その他のスパイ活動を行うこと。


本法は、スパイ組織およびその代理人が中国領域内において、中国公民、組織、その他の条件を利用して、第三国に対するスパイ活動を行い、中国の国家安全保障を危うくする場合に適用される。


第五条 国家は、スパイ対策に関する調整機構を設置し、スパイ対策の主要事項を取りまとめ、スパイ対策の主要問題を研究し、解決する。


第六条 国家安全機関は、スパイ対策の主管機関とする。


公安、秘密などの関連部門と軍隊の関連部門は、職務分掌に従い、緊密に協力し、協調を強化して、法律に従って関連業務を遂行する。


第七条 中国公民は、国家の安全、名誉および利益を守る義務を有し、国家の安全、名誉および利益に危害を加える行為をしてはならない。


すべての国家機関と武装勢力、各政党と各人民組織、企業とその他の社会組織は、スパイ行為を防止し、阻止し、国家の安全を守る義務がある。


国家安全機関は、スパイ対策において人民の支持を得なければならず、人民を動員し、組織し、スパイ行為を防止し、阻止しなければならない。


第八条 すべての公民および組織は、法律に基づいてスパイ対策を支持し、協力し、国家機密およびスパイ対策の秘密を守らなければならない。


第九条 国家は、スパイ対策を支持、協力する個人および組織を保護する。


スパイ行為を通報し、またはスパイ対策に多大な貢献をした個人および組織は、国家の関連規定に基づいて表彰し、褒賞する。


第十条 国外の機関、組織、個人によって、または他人の指示もしくは資金の提供により、または国内の機関、組織、個人が国外の機関、組織、個人と結託して、中国の国家安全に危害を加えるスパイ行為を行った場合、法により訴追されなければならない。


第十一条 国家安全機関およびその職員は、その業務において、法律に基づいて厳格に行動し、その権限を超越したり、職権を濫用したりしてはならず、個人および組織の合法的権益を侵害してはならない。


国家安全機関およびその職員が法律に基づいてスパイ対策の職務を遂行する上で入手した個人および組織の情報は、スパイ対策にのみ使用することができる。国家機密、職務上の機密、商業上の機密、個人のプライバシーおよび個人情報に属するものは、秘密を保持しなければならない。


第2章 安全上の注意

第十二条 国家機関、人民団体、企業及びその他の社会組織は、自己のスパイ防止セキュリティ業務の主な責任を負い、スパイ対策セキュリティを着実に実施し、自己の職員を国家の安全を守るように教育し、自己の職員をスパイ行為を防止し、阻止するために動員し、組織する。


各級の地方人民政府、関連業界の主管部門は、職務分掌に従い、その行政区域、その業界に関するスパイ防止セキュリティ業務を管理する。


国家安全機関は法律に基づいて、スパイ防止セキュリティ業務を調整、指導、監督、検査する。


第十三条 各級人民政府および関連部門は、スパイ防止セキュリティ業務に関する広報、教育を組織し、スパイ防止セキュリティの知識を教育、訓練、法律の普及に取り入れて内容を宣伝し、全人民のスパイ防止セキュリティの意識および国家安全リテラシーを向上させなければならない。


報道、ラジオ、テレビ、文化、インターネットの情報サービス機関は、地域社会に的を絞った反スパイの宣伝と教育を行うべきである。


国家安全保障機関は、スパイ防止セキュリティの状況に応じて、関連機関がスパイ防止に関する広報、教育活動を実施するよう指導し、セキュリティ意識と能力を高めるよう指導する。


第十四条 すべての個人および組織は、国家機密である文書、資料、情報および物品を違法に取得し、または所持してはならない。


第十五条 すべての個人または組織は、スパイ活動に特別に必要な特殊スパイ機器を違法に生産、販売、所持、使用してはならない。 特殊スパイ機器は、国務院の管轄する国家安全部門が、関連する国家規定に基づいて特定する。


第十六条 スパイ行為を発見したすべての公民および組織は、速やかに国家安全機関に通報しなければならない。公安機関など他の国家機関、組織に通報した場合、関連する国家機関、組織は直ちに国家安全機関に移送し、処理しなければならない。


国家安全機関は、電話、電子メール、インターネットなどのプラットフォームを公開し、法律に基づいて通報された情報を適時に処理し、通報者の秘密を守らなければならない。


第十七条 国家はスパイ防止セキュリティに重要な単位管理制度を制定する。


スパイ防止セキュリティ重点単位は、スパイ防止セキュリティ制度を構築し、スパイ防止セキュリティ業務の要求を満たし、内部職能部門と人員を明確にして、スパイ活動防止の職責を負担する。


第十八条 スパイ防止セキュリティ重点単位は、職員のスパイ防止セキュリティ教育および管理を強化し、離職者の機密解除期間中のスパイ防止セキュリティの義務の履行について監督と検査を実施する。


第十九条 スパイ防止セキュリティ重点単位は、機密事項、場所、キャリア等の日常的なセキュリティ管理を強化し、隔離強化、封鎖管理、警備員設置等のスパイ防止の措置を講じなければならない。


第二十条 スパイ防止セキュリティ重点単位は、スパイ防止技術の要求と基準に基づき、適切な技術的措置およびその他の必要な措置を講じ、核心部門、ネットワーク設備、情報システムのスパイ防止技術を強化しなければならない。


第二十一条 重要な国家機関、国防軍、その他機密保持に関わる重要な機関、および重要な軍事施設周辺の安全管理区域内で建設プロジェクトを新規建設、改造、拡張する場合、国家安全機関による国家安全事項に関わる建設プロジェクトの許可が必要である。


県級以上の各級の地方人民政府は、国民経済および社会発展計画、領空計画、その他関連する計画を立案する場合、国家安全保障の要素および画定された安全管理区域を十分に考慮し、国家安全機関の意見を求めなければならない。


安全管理区域の画定は発展およびセキュリティと融合させ、科学と合理性、必要性の原則を堅持し、国家安全機関が発展改革、天然資源、住宅、都市農村開発、機密、国防科学技術産業などの部門および軍の関連部門と共同で画定し、省、自治区、直轄市の人民政府に報告し、承認と動態調整を受けるべきである。


国家安全保障に関わる建設プロジェクトの許可に関する具体的な実施方法は、国務院の国家安全保障主管部門が関係部門と連携して制定する。


第二十二条 国家安全機関は、スパイ対策業務の必要性に応じて、関連部門と連携して、スパイ対策技術防止基準を制定し、関連部門にスパイ対策技術防止措置を実施するよう指導することができ、厳格な承認手続きを経て、潜在的な危険がある部門に対して、スパイ対策技術防止検査および試験を実施することができる。


第3章 調査と処置

第二十三条 国家安全機関は、スパイ対策業務において、法律に基づいて、本法および関連法に規定された職権を行使する。


第二十四条 国家安全機関の職員は、法律に基づいてスパイ対策業務を行う際、規定に基づいて勤務証明書を提示し、中国公民または中国国外の人物の身分証明書を確認し、関係する個人および組織に関連情報を尋ね、身元が不明でスパイ容疑のある人物の所持品を確認することができる。


第二十五条 国家安全機関の職員は、法律に基づいてスパイ対策の任務を遂行する場合、市級以上の国家安全機関の責任者の承認があれば、勤務証明書を提示し、関係する個人および組織の電子設備、施設、関連する手続きおよび道具を検査することができる。検査中に、国家の安全が脅かされる状況が発見された場合、国家安全機関は、直ちにその状況を是正する措置を取るよう命じなければならない。是正を拒否した場合、または是正後もなお国家安全保障を危うくする潜在的危険がある場合、差し押さえまたは押収することができる。


前項の規定により、電子機器、設備および関連する手続きと道具を差押えまたは押収した場合、国家安全機関は、国家の安全を危うくする状況が解消された後、速やかに差押えたまたは押収を解除しなければならない。


第二十六条 国家安全機関の職員は、法律に基づいてスパイ対策の任務を遂行する場合、国家の関連規定に基づき、市級以上の国家安全機関の責任者の承認を得て、関連文書、資料、情報、物品を閲覧、検索することができ、関係する個人および組織はこれに協力しなければならない。閲覧および検索は、スパイ対策の任務の遂行において必要な範囲および限度を超えてはならない。


第二十七条 本法に違反した者を召喚して調査を受けさせる必要がある場合、国家安全機関の事件担当部門の責任者の承認を得て、召喚状により召喚する。その場で本法に違反したことが判明した者の場合、国家安全機関の職員は、規定に従って、勤務証明書を提示し、口頭で召喚することができるが、この場合、尋問の記録にその旨を記載しなければならない。召喚の理由および根拠は、召喚された者に通知されなければならない。正当な理由なく召喚を拒否し、または召喚から逃れた者は、強制的に召喚されることがある。


国家安全機関は、召喚された市または県内の指定された場所、またはその者の住居で尋問を行う。


国家安全機関は、召喚された者に対して速やかに尋問および調査を行わなければならない。尋問と調査の時間は8時間を超えてはならない。状況が複雑で、行政拘留または犯罪の疑いがある場合は、尋問と調査の時間は24時間を超えてはならない。国家安全機関は、召喚された者に必要な食事と休憩時間を与えなければならない。連続的な召喚は厳禁である。


国家安全機関は、通知が不可能な場合または調査に支障をきたすおそれがある場合を除き、召喚された者の家族に対し、召喚の理由を速やかに通知しなければならない。上記の状況がなくなった後、召喚された者の家族に直ちに通知しなければならない。


第二十八条 国家安全機関は、スパイ行為を調査する場合、市級以上の国家安全機関の責任者の承認を得て、法律に基づいて、スパイ容疑のある者、物品および場所を検査することができる。


女性の身体の検査は、女性職員が行う。


第二十九条 国家安全機関は、スパイ行為を調査する場合、その地区のために設置された市級以上の国家安全機関の責任者の承認を得て、スパイ行為の容疑がある者の財産に関する情報を調査することができる。


第三十条 国家安全機関は、スパイ行為を調査する場合、市級以上の国家安全機関の責任者の承認を得て、法律に基づいて、スパイ行為に使用される疑いのある場所、施設または財産を差押え、押収、凍結することができる。調査中のスパイ行為と無関係の場所、施設または財産を差押え、押収、凍結してはならない。


第三十一条 国家安全機関の職員は、スパイ対策業務において、調査、調書、召喚、検査、査問、差押え、押収、凍結等の措置を取る場合は二人以上で実施し、関連規定に基づいて業務書類及び関連法律文書を提示し、関係者に調書などの関連文書に署名、捺印させなければならない。


国家安全機関の職員は、調査、差押え、押収などの重要な証拠収集作業を行う場合、その全過程を録音、録画し、捜査用に保管しなければならない。


第三十二条 国家安全機関がスパイ行為に関する状況を調査および把握し、関連証拠を収集する場合、関係する個人および団体は正直に提供し、拒否してはならない。


第三十三条 出国後、国家の安全に危害を及ぼし、または国家の利益に重大な損害を与えるおそれのある中国公民に対しては、国務院管轄の国家安全機関は、一定期間出国を許可しないことを決定し、出入国管理機関に通告することができる。


スパイ行為の容疑がある者の場合、省級以上の国家安全機関は、出国を許可しない旨を出入国管理機関に通告することができる。


第三十四条 国務院管轄の国家安全機関は、入国後、国家安全を危うくする活動を行うおそれのある国外からの者に対して、入国を拒否するよう出入国管理機関に通告することができる。


第三十五条 国家安全機関から出入国を許可しないと通告された者について、出入国管理機関は関連する国家規定に基づいてこれを実施する。出入国を許可しない状況が失われた場合、国家安全機関は速やかに出入国管理機関に通告し、出入国を許可しない決定を取り消す。


第三十六条 国家安全機関は、『中華人民共和国ネットワーク安全法』に規定された職務分掌に基づき、ネットワーク情報コンテンツまたはスパイ行為を含むネットワーク攻撃のリスクを発見した場合、速やかに関連部門に通知し、法律に基づいて処分するか、または電気通信事業者およびインターネットサービスプロバイダに対し、速やかに抜け穴の修復、ネットワーク保護の強化、送信停止、プログラムおよびコンテンツの削除、関連するウェブサイトの停止などの措置を取るよう命じる。 関連部門は、抜け穴の修復、ネットワーク保護の強化、送信の停止、プログラムやコンテンツの削除、関連サービスの停止、関連アプリケーションの停止、関連ウェブサイトの閉鎖などの措置を講じ、関連記録を保存しなければならない。 事態が緊急であり、直ちに措置を講じなければ国家の安全に重大な損害を与える場合、国家安全当局は関連部門に対して、抜け穴を修復し、関連送信を停止し、関連サービスを停止するよう命じ、関連部門に通知しなければならない。


関連措置を講じた後、上記情報の内容または危険性がなくなった場合、国家安全機関および関連部門は、適時に関連伝送および関連サービスの再開を決定しなければならない。


第三十七条 国家安全機関は、国家の関連法規に基づき、厳密な承認手続きを経て、スパイ対策業務の必要により、技術偵察措置および身分保護措置を講じることができる。


第三十八条 本法の規定に違反する行為が犯罪の疑いがあり、かつ、当該事項が国家機密または情報であるかどうかを鑑定し、危害の結果を評価する必要がある場合、国家機密部門または省、自治区、直轄市の機密部門は、手続きに従い、一定期間内に鑑定し、評価を組織しなければならない。


第三十九条 国家安全機関は、調査の結果、スパイ行為に犯罪の疑いがあると認めた場合、『中華人民共和国刑事訴訟法』の規定に従い、捜査のために事件を立件しなければならない。


第4章 保障と監督

第四十条 国家安全機関の職員は、法律に基づいて職務を遂行し、法により保護されなければならない。


第四十一条 国家安全機関が法律に基づいてスパイ行為を調査する場合、郵便、速達物流事業者、電気通信事業者及びインターネットサービス提供者は、必要な支援と援助を提供しなければならない。


第四十二条 国家安全機関の職員は、緊急の職務を遂行する必要がある場合、勤務証明書を提示すれば、公共交通機関の優先利用、優先通行及びその他の通行施設を利用することができる。


第四十三条 国家安全機関の職員は、法律に基づいて職務を遂行する場合、規定に基づいて勤務証明書を提示すれば、関連する場所および単位に立ち入ることができる。国の関連規定に基づいて勤務証明書を提示し、承認されれば、立ち入りが制限されている関連区域、場所および単位に立ち入ることができる。


第四十四条 国家安全機関は、国家の関連規定に基づいて、法律に基づいて国家機関、人民団体、企業、その他の社会組織および個人の交通手段、通信手段、場所および建物を優先的に使用または徴用し、必要に応じて関連作業場および施設設備を設置することができ、任務完了後、規定に従い、適時に返還または原状回復しなければならない。損失が生じた場合、賠償金を支払わなければならない。


第四十五条 国家安全機関は、国家の関連規定に基づいて、税関、出入国管理及びその他の検査機関に対し、スパイ対策業務の必要により、関連人員の通関施設を提供し、関連資機材の検査を免除するよう要請することができる。関係検査機関は、法律に基づいて援助を提供しなければならない。


第四十六条 国家安全機関の職員が職務を遂行した結果、または個人がスパイ対策業務の遂行を援助した結果、その職員の身の安全が脅かされ、またはその近親者の身の安全が脅かされた場合、国家安全機関は、関連部門と連携して、法律に基づき、その職員を保護・救出するために必要な措置を講じなければならない。


対スパイ活動を支援または援助した結果、個人または近親者の身の安全が危険にさらされた場合、国家安全機関に保護を要請することができる。国家安全機関は、関連部門と連携し、法に基づき保護措置を講じる。


スパイ防止活動を支持または援助した結果、財産上の損失を被った個人および組織は、国家の関連規定に基づいて補償される。


第四十七条 国は、スパイ対策業務に貢献し、再定住を必要とする者に対して、適切な再定住先を与えなければならない。


公安、民政、財政、衛生、教育、人事、および社会保障、退役軍人、医療保障、出入国管理などの関連部門および国有企業や機関は、国家安全機関の再定住の仕事を支援しなければならない。


第四十八条 スパイ対策業務を遂行し、またはスパイ対策業務を支援もしくは援助した結果、障害を負い、または死亡した者に対しては、国の関連規定に基づいて、相応の優遇措置を与える。


第四十九条 国家は、スパイ対策の分野における科学技術の革新を奨励し、スパイ対策業務における科学技術の役割を発揮させる。


第五十条 国家安全機関は、スパイ対策の専門部隊の構築と専門訓練を強化し、スパイ対策業務の能力を高めなければならない。


国家安全機関の職員に対して、政治的、理論的、実務的な訓練を計画的に行わなければならない。 訓練は、理論を実践に結びつけ、ニーズに応じて指導し、実践的な成果を追求することを重視し、専門的能力を向上させるものとする。


第五十一条 国家安全機関は、内部監督および安全審査の制度を厳格に実施し、職員の法律および規律等の遵守を監督し、法律に基づき、定期的または不定期に安全審査を実施するために必要な措置を講じなければならない。


第五十二条 すべての個人および組織は、国家安全機関およびその職員が職権を逸脱し、職権を濫用し、その他の違法行為を行ったことを、上級の国家安全機関または監督機関、人民検察院およびその他の関連部門に通報または告発する権利を有する。 苦情や告発を受けた国家安全機関、監督機関、人民検察院およびその他の関連部門は、速やかに事実を調査し、法律に基づいて処理し、その結果を速やかに告訴人または告発人に通知しなければならない。


国家安全機関の活動を支援または援助した個人または組織、または法律に基づいて通報または告発した個人または組織に対して、いかなる個人または組織は弾圧または報復を行ってはならない。


第5章 法的責任

第五十三条 スパイ行為が行われ、犯罪に該当する場合、法律に基づいて刑事責任を追及する。


第五十四条 個人がまだ犯罪を構成しないスパイ行為を行った場合、国家安全機関は警告を発するか、または15日以下の行政拘留を行い、単発または併合で5万元以下の罰金を科し、違法所得が5万元を超える場合、単発または併合で違法所得の2倍または5倍以上の罰金を科し、法律に基づいて関連部門が処罰することができる。


他人がスパイ行為を行ったことを知りながら、その者に情報、資金、材料、労働力、技術、施設その他の支援または援助を提供し、またはその者を匿い、または匿われた者であって、まだ犯罪に該当しない者は、前項の規定に基づき処罰する。


単位が前二項の行為を犯した場合、国家安全機関は警告を発し、単発または併合で50万元以下の罰金を科し、違法所得が50万元を超える場合、単発または併合で違法所得の倍以上5倍以下の罰金を科し、責任者及びその他の直接責任者を第一項の規定に従って処罰する。


国家安全機関は、関連部門または職員による法律違反の状況および結果に応じ、関係主管部門に対し、法律に基づいて、関連事業の停止、関連サービスの提供または生産や事業の停止、関連の許可の取り消しまたは登録の取消しを命じるよう勧告することができる。 関係主管部門は、行政処理について国家安全機関に適時にフィードバックしなければならない。


第五十五条 スパイ行為を行った者が自首した場合、または功績を示した場合、刑罰を軽くし、軽減し、または免除することができ、著しい功績を示した場合、褒賞を与える。


中国国外においてスパイ組織または敵対組織に加入し、中国の国家安全保障を危うくする活動に従事するよう強要または誘導された者が、外国にある中国の常駐機関にその事情を迅速かつ正直に説明した場合、または中国入国後、国家安全機関に直接または所属部隊を通じてその事情を迅速かつ正直に説明し、かつ反省の態度を示した場合は起訴されないことがある。


第五十六条 国家機関、人民組織、企業及びその他の社会組織が本法の規定に基づいてスパイ対策セキュリティの義務を履行しない場合、国家安全機関は是正を命じることができる。是正が要求に基づいて行われない場合、国家安全機関は責任者に事情聴取を行い、必要に応じて事情聴取の単位を上級機関に通報することができる。有害な結果または悪影響が生じた場合、国家安全機関は警告を発し、または責任者に通報し、批判することができる。状況が深刻な場合、責任者及び直接の責任者は法律に基づいて関係機関に処罰される。


第五十七条 国家安全機関は、本法第二十一条の規定に違反して新築、改築、増築が行われた場合、是正を命じ、警告を与える。是正を拒否した場合、または状況が深刻な場合、工事または使用の中止を命じ、許可を停止または取り消し、または関係主管機関に法律に基づいて処理するよう勧告する。


第五十八条 本法第四十一条の規定に違反した者は、国家安全機関から是正を命じられ、警告または批判を通告される。是正を拒否した場合、または状況が深刻な場合は、関連法規に基づき、関係主管機関に処罰される。


第五十九条 本法の規定に違反して、情報検索への協力を拒否した者は、『中華人民共和国情報安全法』の関連規定に基づき、国家安全機関に処罰される。


第六十条 本法の規定に違反して、次の各号のいずれかの行為が犯罪に該当する場合、法律に基づいて刑事責任を追及する。犯罪に該当しない場合、国家安全機関は警告を発するか、または十日以内の行政拘留を行い、かつ三万元以下の罰金を科すことができるものとする。


(一)スパイ対策業務に関する国家機密を漏洩すること。


(二)他者がスパイ行為を犯したと知りながら、国家安全機関が関連情報を調査し、関連証拠を収集する際に、情報提供を拒否すること。


(三)国家安全機関が法律に基づいて職務を遂行するのを故意に妨害すること。


(四)法律に基づいて国家安全機関が差押え、留置、凍結した財産を隠匿、譲渡、売却、破壊すること。


(五)スパイ行為に関与する財産であることを知りながら、隠匿、譲渡、取得、代理販売、またはその他の方法で偽装、隠匿すること。


(六)法律に基づいて国家安全機関の活動を支持または援助した個人および組織に対してする報復行為。


第六十一条 国家秘密に属する文書、資料、情報または物品を不法に取得または所持する行為、および特殊スパイ用具を不法に製造、販売、所持または使用する行為が犯罪に該当しない場合、国家安全機関は警告を発し、または十日以内の行政拘留を科す。


第六十二条 国家安全機関は、本法に基づき差し押さえ、留置または凍結された財産を適切に管理し、次の各号の情況に基づき処理しなければならない。


(一)犯罪が疑われる場合、『中華人民共和国刑事訴訟法』などの関連法律の規定に基づいて処理する。


(二)犯罪に該当しないが違法な事実がある場合、法律に基づいて、没収すべきものは没収し、廃棄すべきものは廃棄する。


(三)違法な事実がない場合、または事件と関連性がない場合、差押え、留置、凍結を解除し、関連する財産を適時に返還しなければならない。損害が生じた場合、法律に基づいて賠償金を支払う。


第六十三条 事件に係る財産が次の各号の一に該当するときは、法律に基づいて、これを回収または没収、または隠れた危険を除去するための措置を講じなければならない。


(一)法令に違反して取得した財産及びその成果並びに収益で、スパイ活動の遂行のために使用された自己の財産。


(二)違法に入手または保有する国家秘密に属する文書、データ、情報および物品。


(三)違法に製造、販売、所持または使用された特殊スパイ機器。


第六十四条 実行犯およびその近親者または関係者が、実行犯のスパイ活動の結果として、スパイ組織およびその代理人から得たすべての利益は、法律に基づいて国家安全機関によって回収または没収される。


第六十五条 法律に基づいて国家保安機関が徴収した罰金及び没収した財産は、すべて国庫に引き渡される。


第六十六条 国外の者が本法に違反した場合、国務院の主管国家安全部門は、その者に対して期間を定めて出国することを決定し、入国を許可しない期間を定めることができる。 所定の期間内に出国しない者は、国外退去させることができる。


国外の者が本法に違反した場合、国務院の主管国家安全部門が国外退去を決定した場合、その者は国外退去の日から10年間入国できないものとし、国務院の主管国家安全部門の処分決定は最終的なものとする。


第六十七条 国家安全機関は、行政処分の決定を行う前に、当事者に行政処分案の内容、事実、理由及び根拠、並びに当事者の法律上の陳述、弁明及び聴聞請求権を通知し、『中華人民共和国行政処罰法』の関連規定に基づいて決定を実施しなければならない。


第六十八条 当事者は、行政処罰決定、行政強制措置決定、行政許可決定に不服がある場合、決定を受理した日から六十日以内に法律に基づいて再審査を請求することができる。再審査の裁決に不服がある場合、再審査の裁決を受理した日から十五日以内に、法律に基づいて人民法院に提訴することができる。


第六十九条 国家安全機関の職員が、その職権を濫用し、職務を怠り、便宜を図り、または違法な拘束行為、拷問による自白の強要、暴力による証拠の取得、規定に違反して国家機密、職務上の秘密、商業上の秘密および個人のプライバシーまたは個人情報を漏洩した場合は、法律に基づいて処罰し、犯罪に該当する場合は、法律に基づいて刑事責任を追及する。


第6章 附則

第七十条 国家安全機関は法律、行政法規及び国家の関連規定に基づいて、スパイ行為以外の国家安全に危害を加える行為を防止、阻止および処罰する職務を遂行する場合に本法の関連規定を適用する。


この法律の関連規定は、公安機関が法律に従い職務を遂行する過程において、国家の安全を危うくする行為を発見し、処罰する場合に適用する。


第七十一条 この法律は、2023年7月1日から施行する。

 

【顧問サービスのご案内】 弊社では各種顧問サービスを提供しております。

●月次での記帳代行

●毎月記帳証票と会計データを日本事務所に郵送して頂き、日本事務所内でのチェック

●弊社日本人担当者が3か月に1回訪中し、顧問先様の社内での記帳証票等の往査

顧問先様のご要望にあわせてサービス内容を柔軟にカスタマイズいたします。







閲覧数:122回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentarer


bottom of page