【上海市】2021年度の住宅積立金の納付基数と積立料率

中国販路拡大コンサルタントの太田早紀です。

当ブログでは中国の会計・税務・労務に関する規定や実務について解説しております。



当ブログをご覧の皆様におかれましては、中国の会計・税務・労務について知り、中国子会社の財務面のサポートや中国での販路拡大にお役立ていただけると幸いです。


【上海市】2021年度の住宅積立金の納付基数と積立料率

 2021年7月1日より、上海市の住宅積立金の納付基数が変更されました。2021年7月1日~2022年6月30日までの上海市の住宅積立金納付基数や上限額また下限額を紹介いたします。



目次:
①住宅積立金納付基数の変更月
②202171日~22630日までの上海市の納付基数、上限額と下限額
③202171日~22630日までの住宅積立の積立料率
④住宅積立金の月額納付額の計算方法


①住宅積立金納付基数の変更月

 2021年7月1日に、上海市の従業員の住宅積立金の納付基数が変更されました。



202171日~22630日までの上海市の納付基数、上限額と下限額

 上海市の2020年度の年平均給与は124,056元(10,338元/月)になりますので、上海市の納付基数は10,338元になります。上限額は納付基数に300%を乗じた額になり、下限額は前年度の2,480元を据え置きしています。

 

  • 上限額(300%):10,338元×300%=31,014元

  • 下限額(※):2,480元


 ※下限額について・・・上海市の最低賃金は2,480元から2,590元に変更されましたが、住宅積立金の下限額は2,480元のためご注意ください



202171日~22630日までの住宅積立の積立料率

※2019年度以降、住宅積立金の積立料率の変更はありません。



各7%における上限額と下限額について、

月額納付額の上限額:31,014×(7+7)%=4,341.96元、小数点以下切り上げのため4,342元

月額納付額の下限額:2,480×(7+7)%=347.2元、小数点以下切り上げのため348元



④住宅積立金の月額納付額の計算方法

  • 既存社員

従業員の納付額:

月額納付額=従業員個人の前年度の月平均給与×積立料率


企業の納付額:

月額納付額=従業員個人の前年度の月平均給与×積立料率



  • 2021年1月1日より新たに入社した従業員

従業員の納付額:

月額納付額=入社2ヶ月目の月に支払われる満額の月給 OR 入社以降に実際に支払われた月平均給与×積立料率


企業の納付額:

月額納付額=入社2ヶ月目の月に支払われる満額の月給 OR 入社以降に実際に支払われた月平均給与×積立料率


  • 2021年1月1日以降に新たに転入した従業員

従業員の納付額:

月額納付額=転入した月に支払われる満額の月給 OR 入社以降に実際に支払われた月平均給与×積立料率


企業の納付額:

月額納付額=転入した月に支払われる満額の月給 OR 入社以降に実際に支払われた月平均給与×積立料率



関連記事:

【上海市】2019年度の社会保険と住宅積立金の納付基数と料率

【上海市】2020年度の社会保険の納付基数と料率

【上海市】2021年度の社会保険料の納付基数と保険料率

【労務関連】企業負担の社会保険3種の減免延長について。

【労務関連】企業負担分の社会保険料の段階的減免(実務)

【労務関連】企業負担分の社会保険料の段階的減免に関する通知(参考訳)

【労務関連】企業負担の社会保険3種の減免延長について。

 

【顧問サービスのご案内】 弊社では各種顧問サービスを提供しておりいます。

●月次での記帳代行

●毎月記帳証票と会計データを日本事務所に郵送して頂き、日本事務所内でのチェック

●弊社日本人担当者が3か月に1回訪中し、顧問先様の社内での記帳証票等の往査

顧問先様のご要望にあわせてサービス内容を柔軟にカスタマイズいたします。



閲覧数:75回0件のコメント

最新記事

すべて表示