【労務関連】企業負担分の社会保険料の段階的減免(実務)

更新日:2021年8月26日

中国販路拡大コンサルタントをしている太田早紀です。

当ブログでは中国の会計・税務・労務に関する規定や実務について解説しております。

当ブログをご覧の皆様におかれましては、中国の会計・税務・労務について知り、中国子会社の財務面のサポートや中国での販路拡大にお役立ていただけると幸いです。

中国政府は新型コロナウイルスの影響による企業倒産を防ぐための防衛措置の一環として、2020年2月から2020年6月までを対象期間として、企業負担分の社会保険料の減額・免除を実施しています。



企業負担分の社会保険料の減額・免除はイレギュラーなことであり、会計処理も通常の処理とは異なります。



会計処理方法(実務)について、多くの中国進出日系企業が該当する小規模企業(中国語で小型微利企業)を例に解説いたします。(※上海市の社会保険料をベースに記述)



なお、各所在地により行政の方針も異なりますので、当処理が必ずしも画一的に行うべきとは言えず、ご参考程度にしていただけますと幸いです。




【労務関連】企業負担分の社会保険料の段階的減免(実務)



目次:
1、企業負担分の社会保険料の減額・免除に関する実務
2、企業負担分の「基本養老保険・失業保険・工商保険(労災)」の減額・免除
3、企業負担社会保険料の段階的減免に関する通知の概要や参考訳

1、企業負担分の社会保険料の減額・免除に関する実務


①2020年2月度の実務


当該規定が2020年2月に始まったばかりのため、多くの会社では、社会保険料の記帳根拠資料になる上海市(城鎮)社会保険費繳納通知書減額や免除の情報が未だ反映されておらず、従来通りの減額・免除前の社会保険料にて記載されていると思われます。



社会保険料の口座引き落とし額もまた、従来通りの企業負担分と個人負担分の社会保険料かと思われます。引き落とし額については銀行が発行するバンクステートメントで確認ができます。



これより、2月度の企業負担分と個人負担分の社会保険料は、従来通りの社会保険料に基づき記帳をします。



②3月度と4月度の実務


実地調査により、おおよその会社には未だ3月・4月度の上海市(城鎮)社会保険費繳納通知書が届いていないことが分かりました。そのため、実際の企業負担分の社会保険料の減額や免除額を知ることが出来ません



社会保険料の口座引き落とし額は、個人負担分の社会保険料が引き落としされていると思われます。引き落とし額については銀行が発行するバンクステートメントで確認ができます。



これより、3月度と4月度の社会保険料は、個人負担分の社会保険料を計上し、企業負担分の社会保険料は暫定的に未計上とする記帳を行うことになります。


③5月度の実務


実施調査の結果、5月に入ってから今まで届いてなかった3月度から5月度までの上海市(城鎮)社会保険費繳納通知書が各企業に届くようになります。(下記画像参照)



社会保険料の口座からは、5月度の個人負担分と企業負担分の社会保険料に加えて、3月度と4月度の企業負担分の社会保険料や2月度の企業負担分の社会保険料の減額・免除額が反映された金額が引き落としされているかと存じます。

引き落とし額については銀行が発行するバンクステートメントで確認ができます。



これより、暫定的に未計上としていた3月度と4月度の企業負担分の社会保険料を計上し、5月度の企業負担分と個人負担分の社会保険料額を計上する記帳をします。



また2月度の企業負担分の社会保険料が過大計上となっているため修正します。

2月度の企業負担分の社会保険料は、修正後の内容での上海市(城鎮)社会保険費繳納通知書が発行されないため、3月度以降の上海市(城鎮)社会保険費繳納通知書の内容に基づきます。



記帳後に、社会保険納付口座のバンクステートメントと突き合わせを行い、一致していれば問題ありません。不一致の場合は不一致の原因について究明します。




2、企業負担分の「基本養老保険・失業保険・工商保険(労災)」の減額・免除


上海市(城鎮)社会保険費繳納通知書に減免・免除額が反映されています。↓↓↓

※労災保険の料率は0.16%-1.52%のため今回は0.16%を適用しております。



関連記事: