© 2019 慧夢拓(上海)企業管理諮詢有限公司 

上海オフィス(提携先事務所)
 
住所:上海市嘉定区江橋鎮万達広場8号オフィス棟
  • ohtashmtac

完読されるのが良い文章

2019年9月10日の小山・ミカタパートナーズの成長戦略セミナーに参加してから1日1記事を投稿すると決めたものの早速『書けない』という壁にぶち当たっています。

そもそも読書感想文くらいしか作文したことがなかったので、文章を書く力が備わっていないのが原因です。

とは言いましても、今後のセミナーテキストや中国会計税務に関する書物作成を考慮すると出来ないよりは出来るようになった方が断然良いので、良書「新しい文章力の教室」を購入して文章力の向上を目指すことにしました o(炎_炎)o ウオオオッッ!!


私がこの本から最も学んだことは、

チャプター1のタイトルにある「良い文章とは完読される文章である」です。

(※14ページから引用)


私は文章や全体の内容を自ら進んで複雑にした挙句に、自分が本来は何を伝えたかったのかが分からなくなってしまい、結局袋小路化して書けなくなるという悪い癖があったのですが、「良い文章とは完読される文章である」を知ってから、文章を書くことがとても楽になりました。

それでも私にとって毎日記事を書くことはとても大変な作業ですが、継続は力なりと言いますし、始めてまだ1週間なので次は2週間を目標に記事を書いていきたいと思います。


新しい文章力の教室

著者:唐木 玄(からき げん)

発行所:株式会社インプレス

初版:2015年

私が購入したのは2019年の第1版第7刷発行


            ↓株式会社インプレスのHPから引用



3回の閲覧