増値税発票管理システムの新バージョン移行期間は、発票発行関連手続きが一時停止します。(上海)

更新日:2021年8月29日

中国販路拡大コンサルタントの太田早紀です。

当ブログでは中国の会計・税務・労務に関する規定や実務について解説しております。



当ブログをご覧の皆様におかれましては、中国の会計・税務・労務について知り、中国子会社の財務面のサポートや中国での販路拡大にお役立ていただけると幸いです。

 
増値税発票管理システムの新バージョン移行期間は、発票発行関連手続きが一時停止します。(上海)

 2019年10月9日、税務局から増値税発票発行管理システムに関する通知がありましたので、内容をお伝えいたします。



 2019年11月1日午前0時(0:00)から増値税発票管理システムが2.0バージョンに切り替わります。これより、2019年10月25日午前0時から2019年10月31日午前0時までの期間は、増値税発票管理システムのアップグレードに伴い、関連システムや増値税発行に関連する手続きが停止されます。



 税務局窓口やオンライン税務局で、一時停止となる手続きは下記の通りです。中でも②③は発票の発行に関することであり企業が受ける影響が大きいため、ご留意ください。



①税務登記関連

納税者税務登記、納税者基礎情報の変更手続き(税目の調整を含む)、区を跨ぐ登記地の移転手続き、税務登記抹消手続き(簡易抹消を含む)、増値税一般納税者登記、増値税一般納税者から増値税小規模納税者への変更手続き、小規模納税者が自社発行する増値税発行手続きなどです。



②発票関連

増値税発票の発票種類の査定(発行限度額、発行量の調整を含む)、増値税発票の取得、返却、アップロード、赤伝発票の発行、験旧、繳銷、認証、勾選、査験、増値税発票の税務局による代理発行及び廃棄、増値税専用発票紛失時の納税証明、懸賞金付き発票の換金、税関輸入増値税専用発票のデータ集計などです。



③税控盆(増値税コントロールシステム)関連

税控盆を利用しての発行、変更、廃棄、抄報税、清卡、パスワードの再設定などです。



④申告徴収関連


 以上より、10月の発票発行について、極力10月24日以内に発行を完了することを推奨いたします。






 

【顧問サービスのご案内】 弊社では各種顧問サービスを提供しております。

●月次での記帳代行

●毎月記帳証票と会計データを日本事務所に郵送して頂き、日本事務所内でのチェック

●弊社日本人担当者が3か月に1回訪中し、顧問先様の社内での記帳証票等の往査

顧問先様のご要望にあわせてサービス内容を柔軟にカスタマイズいたします。




閲覧数:46回0件のコメント