上海の初夏の風物詩『ザリガニ』

更新日:2021年8月30日

 2019年6月初旬に上海を訪れました。初夏の上海は気温も大分高く、日中は30度を超す日もありましたが、夜は風もあり過ごしやすかったです。



 今回パートナー企業(上海誠納)の中国人朋友と旬の食材『ザリガニ』を食べに行きました!



↓ザリガニと餅を醬油ベースのタレと一緒に炒めた料理


 中国語ではザリガニを小龙虾(小竜蝦 xiaolongxia シャオロンシア)といいます。

ザリガニは養殖物が主流ですがやはり多少の泥臭さが残るため、泥臭さを感じないようにスパイシーな味付けが一般的です。唐辛子を入れて辛めの味付けが多いのですが、辛い物が食べれない人向けにニンニクオイルで煮つけるような味付けもあります。

夕暮れ時に冷えたビール片手に小龙虾をつまむのは、上海の初夏の風物詩の一つだと思います。




↓パートナー企業の総経理に食べ方をレクチャーしていただきました。上手です。


 2020年夏も食べに行こうと思います。



 ※2020年夏は新型コロナウイルスの影響により中国出張は断念することになりました。

(2020/7/24加筆)

 

【顧問サービスのご案内】 弊社では各種顧問サービスを提供しております。

●月次での記帳代行

●毎月記帳証票と会計データを日本事務所に郵送して頂き、日本事務所内でのチェック

●弊社日本人担当者が3か月に1回訪中し、顧問先様の社内での記帳証票等の往査

顧問先様のご要望にあわせてサービス内容を柔軟にカスタマイズいたします。



閲覧数:7回0件のコメント