【増値税】複数税率の会計処理について

更新日:2021年8月30日

中国販路拡大コンサルタントの太田早紀です。

当ブログでは中国の会計・税務・労務に関する規定や実務について解説しております。



当ブログをご覧の皆様におかれましては、中国の会計・税務・労務について知り、中国子会社の財務面のサポートや中国での販路拡大にお役立ていただけると幸いです。

 
【増値税】複数税率の会計処理について


 日本では2019年10月から消費税が10%に上がり、特定品目には軽減税率8%が適用される複数税率が始まりますが、中国では1994年から増値税という税目で複数税率が既に始まっていました(※)。

※1993年に国務院が「中華人民共和国増値税暫行条例」(国務院令【1993】134号)を制定し1994年に実施。当条例はその後数回にわたり改定がありました。



 中国では増値税の複数税率に関する会計処理をどのように行っているのか、今回解説いたします。


●増値税専用発票を入手した時の会計処理

 例①:本体価格10,000元の商品を仕入れ、増値税額1,300元と合わせて11,300元を支払った。(物品取引にかかる増値税率は13%)



借方:仕入 10,000

未払税金-未払増値税-仕入増値税額 1,300


貸方:現金預金 11,300

 

 例②:本体価格10,000元の家賃を支払い、増値税額500元と合わせて10,500元を支払った。(不動産賃貸にかかる増値税率は5%)



借方:賃貸費 10,000

未払税金-未払増値税-仕入増値税額 500


貸方:現金預金 10,500



●増値税専用発票を発行した時の会計処理

 例③:本体価格10,000元の商品を販売し、増値税額1,300元と合わせて11,300元を受け取った。(物品取引にかかる増値税率は13%)



借方:現金預金11,300


貸方:売上高 10,000

未払税金-未払増値税-売上増値税額 1,300

 

 このように中国の会計処理も複式簿記の使用が前提であり、増値税は「税抜経理方式」で仕訳します。また中国には日本と異なり「税込経理方式」という概念がなく、会計ソフトも税込経理方式の機能がないため、全て税抜経理方式で仕訳します。



 増値税率が数段階に分かれていることから、増値税専用発票が複雑な増値税率を認識するための重要な証憑になります。

※増値税専用発票の他に『増値税普通発票』があり、一般納税者と小規模納税者のどちらも発行することができます。販売者は増値税専用発票と増値税普通発票の両方が売上の根拠証憑になります。



↓増値税専用発票のサンプル。



 一般的には一式3枚綴りで、販売者が購入者に向けて発行します。

1枚目は記帳綴り(记账联)と言い、販売者の記帳時の証憑になります。

2枚目は控除綴り(抵扣联)と言い、購入者の仕入増値税額控除時の証憑になります。

3枚目は発票綴り(发票联)と言い、購入者の記帳時の証憑になります。

 

【顧問サービスのご案内】 弊社では各種顧問サービスを提供しております。

●月次での記帳代行

●毎月記帳証票と会計データを日本事務所に郵送して頂き、日本事務所内でのチェック

●弊社日本人担当者が3か月に1回訪中し、顧問先様の社内での記帳証票等の往査

顧問先様のご要望にあわせてサービス内容を柔軟にカスタマイズいたします。



閲覧数:785回0件のコメント

最新記事

すべて表示