【増値税】小規模納税者の増値税率が3%から1%へ減税(Q&A)②

更新日:2021年8月26日

中国販路拡大コンサルタントをしている太田早紀です。

当ブログでは中国の会計・税務・労務に関する規定や実務について解説しております。


当ブログをご覧の皆様におかれましては、中国の会計・税務・労務について知り、中国子会社の財務面のサポートや中国での販路拡大にお役立ていただけると幸いです。

【増値税】小規模納税者の増値税率が3%から1%へ減税(Q&A)②


 上海市税務総局の微信公式アカウントにて、増値税小規模納税者の減税に関するQ&Aがありましたので、4回に分けて紹介いたします。



優遇政策に関するQAについて(全4回のうち、2回目)


Q4:税務局窓口での小規模納税者に替わって税務局が発行する発票(中国語で『代开发票』)は1%の税率が適用されますか?



A4:適用されます。

 2020年3月1日から5月31日までに発生した納税義務は、1%の税率を適用し納税となりますので、1%の税率に基づき増値税発票を発行します。従って、小規模納税者が自社発行する発票や税務局が小規模納税者に替わって発行する発票は、いずれも1%の税率で増値税が課されます。



Q5:小規模納税者が3月1日より前に発生した取引に対して未だ発票を発行しておらず、今回発行する場合は、1%の税率が適用されますか?



A5:適用されません。小規模納税者が取得する課税売上高の納税義務発生時期が2020年2月末以前の場合は、3%の増値税率を適用し納税するため、3%の税率で増値税発票を発行します。納税義務発生時期が2020年3月1日から5月31日に対して、1%の税率を適用し納税となるため、1%の税率での増値税発票を発行します。



Q6:小規模納税者が3月1日より前に発生した取引で、今回発票の発行に誤りを見つけた場合はどう対処しますか?



A6:小規模納税者が取得する課税売上高の納税義務発生時期が2020年2月末以前で、既に3%の税率で増値税発票を発行しており、売上値引き・中止・返品などの事情で赤伝(マイナス)発票を発行する必要が出た場合は、3%の税率で赤伝(マイナス)発票を発行します。赤伝(マイナス)発票を発行した後、再度3%の税率を適用し増値税発票を発行します。



関連記事:

【増値税】小規模納税者の増値税率が3%から1%へ減税(Q&A)①

【増値税】小規模納税者の増値税率が3%から1%へ減税(Q&A)③

【増値税】小規模納税者の増値税率が3%から1%へ減税(Q&A)④

【増値税】期間限定で小規模納税者の増値税率が3%から1%へ下がりました【最新優遇政策】(参考訳付)


【顧問サービスのご案内】 弊社では各種顧問サービスを提供しておりいます。

●月次での記帳代行

●毎月記帳証票と会計データを日本事務所に郵送して頂き、日本事務所内でのチェック

●弊社日本人担当者が3か月に1回訪中し、顧問先様の社内での記帳証票等の往査

顧問先様のご要望にあわせてサービス内容を柔軟にカスタマイズいたします。




閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべ