• ohtashmtac

【上海市】2020年度の住宅積立金の納付基数と料率

最終更新: 6日前

【住宅積立金】

2020年6月30日に、2020年度の住宅積立金の料率、納付基数の上限と下限が発表されました。2020年7月1日から適用されます。


月額納付額の計算方法

1.既存社員

従業員個人の納付額:

月額納付額=従業員個人の前年度の月平均給与×料率

企業の納付額:

月額納付額=従業員個人の前年度の月平均給与×料率

※従業員個人と企業の納付額は同額です。


2.新入社員

従業員個人の納付額:

月額納付額=従業員個人の当月給与×料率

企業の納付額:

月額納付額=従業員個人の当月給与×料率

※従業員個人と企業の納付額は同額です。


前年度の月平均給与や当月給与が、納付基数の上限額を上回る時は上限額に基づき、納付基数の下限額を下回る時は下限額に基づきます。


上海市の納付基数の上限と下限

納付基数の上限:28,017元

納付基数の下限:2,480元


上海市の納付額の上限・下限

企業と従業員個人の料率が各7%の場合、

月額納付額の上限は、28,017×(7+7)%=3,922元になります。

月額納付額の下限は、2,480×(7+7)%=348元になります。


住宅積立金の料率は各5%~各7%です。

追加住宅積立金の料率は各1%~各5%です。

※住宅積立金は労使ともに加入義務があります。追加住宅積立金は任意加入です。

  上海市の住宅積立金の料率

2019年度と変更有りません。

参考:上海市住宅積立金網 http://m.shgjj.com/index.html


関連記事:

【上海市】2019年度の社会保険と住宅積立金の納付基数と料率

【上海市】2020年度の社会保険の納付基数と料率

【労務関連】企業負担の社会保険3種の減免延長について。

【労務関連】企業負担分の社会保険料の段階的減免(実務)

【労務関連】企業負担分の社会保険料の段階的減免に関する通知(参考訳)

【労務関連】企業負担の社会保険3種の減免延長について。

【顧問サービスのご案内】 弊社では以下顧問サービスをしています。

●月次での記帳代行

●毎月記帳証票と会計データを日本事務所に郵送して頂き、日本事務所内でのチェック

●弊社日本人担当者が3か月に1回訪中し、顧問先様の社内での記帳証票等の往査

顧問先様のご要望にあわせてサービス内容を柔軟にカスタマイズいたします。

サービスの詳細料金の確認はこちらまでご連絡ください。

メールアドレス:ohta.shmtac@gmail.com

〇対個人サービス

日本での決済が便利なココナラを通してご相談いただくことをお勧めいたします。

© 2019 慧夢拓(上海)企業管理諮詢有限公司 

上海オフィス(提携先事務所)
 
住所:上海市嘉定区江橋鎮万達広場8号オフィス棟