© 2019 慧夢拓(上海)企業管理諮詢有限公司 

上海オフィス(提携先事務所)
 
住所:上海市嘉定区江橋鎮万達広場8号オフィス棟
  • ohtashmtac

『臨時工(期間工/臨時従業員)』の各税金について

最終更新: 1月22日

 上海市税務総局の微信(Wechat)に『臨時工』の各税金について、Q&Aがありましたので、紹介いたします。

 ※『臨時工』とは期間工や臨時従業員の意味で、根拠法は「臨時工労働契約法」と「労働契約法」です。会社と臨時工間で労働契約を締結する場合としない場合があります。




★個人所得税について。


Q:当社は『臨時工』を招聘していますが、支給する金銭は『給与賃金』或いは『労務報酬』のいずれに基づき個人所得税を控除すべきか?




A:国税発【1994】089号規定より、

●給与賃金所得とは、個人が単独で労働活動に従事することなく、機関・団体・学校・部隊・企業などの事業単位やその他組織内で任職や雇用により得た報酬を言います。

●労務報酬とは、個人が単独で各種技芸に従事したり、役務を提供することにより得た報酬を言います。

両者の主な違いは、前者が雇用と被雇用の関係であり、後者はその関係ではありません。

従いまして、臨時工と会社が雇用関係にある場合は、給与賃金所得に基づき申告納税をします。臨時工と会社が雇用関係にない場合は、労務報酬に基づいて申告納税をします。



Q:『臨時工』が取得した収入は、どのように個人所得税申告書に記入すべきか?




A:(1)月次で給与を支給する場合、「是・否雇用」欄は「是」を選択し、正常給与賃金の申告書に記入します。

(2)月次で給与を支給しない或いは労働契約書を締結していない場合、「是・否雇用」欄は「否」を選択し、労務報酬の申告書に記入します。


 注意すべきこととして、2019年1月1日から、居住者個人が取得する給与賃金所得・労務報酬所得・原稿所得・特許権使用費所得は、一律「総合所得」として納税年度単位で合算し個人所得税を算出します。


           ↓総合所得申告書の各カテゴリです。


★企業所得税について。



Q:会社が雇用する『臨時工』が発生した費用は損金算入できますか





A:「国家税務総局関与企業所得税応納税所得額若干税務処理問題的公告」(国家税務総局公告2012年第15号)の規定より、

 会社が季節工・臨時工・実習生・定年退職後に再雇用した者や外部の労務派遣労働者を雇用したことにより実際に発生した費用は、給与賃金支出と従業員福利費支出に分けて、「企業所得税法」に基づき損金算入する必要があります

そのうち給与賃金に属する支出は、会社の給与賃金総額の基数に計上し、その他各項関連費用の控除の計算根拠とします。



Q:企業に発生した『臨時工』支出は何をもって記帳証票としますか?





A:国家税務総局関与発布「企業所得税税前控除証憑管理弁法」的公告(国会税務総局公告2018年第28号)第十条より、

 企業が国内で発生する支出項目が課税項目に属さず、相手方が個人の場合は内部証憑をもって損金算入の根拠証憑とします。内部証憑とは企業が独自で作成する原価・費用・損失やその他支出を計算する際に用いる会計原始証憑を言います。内部証憑の作成と使用は国家の会計法律・法規等の関連規定に合致するものとします。


 上海市税務総局では市民からの質問に対するQ&Aコーナーを頻繁設けてますので、また次回有益な内容がありましたら紹介いたします。

【顧問サービスのご案内】 弊社では以下顧問サービスをしています。

●月次での記帳代行

●毎月記帳証票と会計データを日本事務所に郵送して頂き、日本事務所内でのチェック

●弊社日本人担当者が3か月に1回訪中し、顧問先様の社内での記帳証票等の往査

顧問先様のご要望にあわせてサービス内容を柔軟にカスタマイズいたします。


サービスの詳細料金の確認はこちらまでご連絡ください。

メールアドレス:ohta.shmtac@gmail.com


〇対個人サービス

日本での決済が便利なココナラを通してご相談いただくことをお勧めいたします。