© 2019 慧夢拓(上海)企業管理諮詢有限公司 

上海オフィス(提携先事務所)
 
住所:上海市嘉定区江橋鎮万達広場8号オフィス棟
  • ohtashmtac

『始皇帝嬴政の「理想」が今も中国を支配している!』は本当。

 『キングダム』とは紀元前3世紀の古代中国春秋戦国時代末期を舞台にして、後の始皇帝となる秦王政と、の武人である主人公・信の活躍を中心に、秦による中華統一までを描いていく中国時代劇です。2019年には映画化もされているので、ご存知の方も多いと思います。



 今夏上海出張した際に、くら寿司でゲットした嬴政のキーホルダーをパートナー企業の子に見せたら「我们的?(私たちの嬴政?)」と不思議そうに聞いてきたので、日本では「キングダム」という漫画が凄く人気で映画化もされていると返したところ今度は驚いた顔をしていました。

※キングダムは、中国では「王者天下」の名称で愛奇芸など動画配信サイトから視聴できます。映画も配信されています。ですので中国人の中には見たことがある人もいると思います。  嬴政のキーホルダーを持つくらいなので『キングダム』の一ファンである私は、集英社の「始皇帝 中華統一の思想 『キングダム』で解く中国大陸の謎」を直ぐに購入したのですが、その帯タイトル『始皇帝嬴政の「理想」が今も中国を支配している!』は衝撃的でした。



 なぜなら、2019年に中国で放映されたドラマ『可愛的中国』は、国民党(蒋介石)と共産党(毛沢東)の第一次国共内戦時を舞台にして共産党初期の指導者(方志敏)にスポットを当てたドラマですが、主人公の方志敏たちもやはり「中華を統一する。」と思想を掲げていたからです。

 2019年は中国の建国70周年なので制作会社にも何かしらの意図はあるのでしょうが、2019年の今に至っても中国人の思想は変わらずに、『始皇帝嬴政の「理想」が今も中国を支配している!』のだと思います。



 私は中国の政治には興味はありませんが、中国ビジネスを続けていくために中国と中国人を知ることは今後も継続していきます。某著「始皇帝 中華統一の思想 『キングダム』で解く中国大陸の謎」は現中華の成り立ちを知るには非常に優れた本だと思いますので、ご興味ある方はぜひ読んでみてください。



「始皇帝 中華統一の思想 『キングダム』で解く中国大陸の謎」

著者:渡邉義浩

発行所:株式会社集英社

https://shinsho.shueisha.co.jp/kikan/0975-d/

21回の閲覧